電話でのお問い合わせ先 名古屋本社:052-915-5211 東京営業所:03-6657-0970

出版する

自分史

自分の生きた証が形に残る

自分史とは・・・

自分の人生の軌跡をまとめて記録に残すことです。
一概に「自分史」というと「自分のことだけ」というイメージが浮かびがちですが、一言で「自分史」といっても、テーマを絞ることで様々な種類があります。自分史の中で“仕事“の部分だけ記せば「仕事史」、家族みんなの軌跡を記せば「家族史」にもなります。会社のことを創業から現在まで記せば会社の「会社史(記念誌)」にもなります。三恵社では独自の出版システムを利用して、安価で自分史の出版も支援しております。

自分の生きた証が形に残る

自分史を作成することで、さまざまなメリットがあります。

まず、自分が生きた証を「書籍」という形として残せます。
遺された家族に想いを伝えることができることから、「終活」として取り組む方もいます。
経営者の方であれば、仕事のノウハウ本や新入社員教育・自社のPRツールとしても活用できます。

また、自分史を書くということは過去を振り返ったり、自分自身を見つめ直すことになります。
それにより新たな自分を発見できたり、自己分析ツールとしても活用できます。
この側面から「就活」に使われるケースも増えてきています。

出版するのって大変そう・・・

「出版」と聞くと、何百万と莫大な費用がかかり、時間も相当かかると思われる方もみえます。
そのように費用と時間をかける出版方法もありますが、三恵社の独自の出版システムなら、早く、しかも安価で出版することが可能です。
原稿が自分で作れないという方でも、執筆支援のサポートをご用意しておりますので、ご安心ください。
あなたの思い通りの自分史を残しましょう。

本を探す

今月の新刊

事業承継支援に必要な基礎知識と支援事例20

著 近藤 登喜夫

詳しくはこちら

お見積り・お問い合わせ

低価格×安心

  • 資料請求・お問い合わせ
  • お見積もり依頼

ページ先頭へ